院長 山本 和子(医学博士)
1958年
1959年


1965年
1966年
1980年
1993年
2002年
名古屋市立大学医学部卒業。
名古屋市立大学病院にてインターン終了。
医師国家試験合格。
名古屋市立大学病院勤務。
医学博士号取得。
矢作橋長坂病院 副院長。
矢作橋長坂病院 院長。
やはぎ医院と改名。
現住所に新築、移転。
資  格 所属学会
日本小児科学会小児科専門医
日本臨床内科医会 研修指定医
日本医師会認定産業医
日本医師会認定健康スポーツ医
日本東洋医学会専門医
日本小児科学会
日本内科学会
日本アレルギー学会
日本東洋医学会
初心一徹
 矢作橋の袂で昭和41年、矢作橋長坂病院を開設、平成5年には、やはぎ医院と改名し、平成14年10月、現在地に移転いたしました。新天地にて開院以来、皆様の心暖まるご激励とご支援をいただいておりますことに深く感謝申し上げます。
 のどかな田園風景の広がる環境のもと、私は当医院のコンセプトであります「やすらぎと医療環境の創造」づくりをテーマに皆様方のご意見やお声をお聞きし、どのようなご相談にも対応できる「信頼できる」「親しみやすい」身近な皆様のホームドクターでありたいと願っております。そのためにも、まず医療環境を整えると共に、皆様のお話をよく聞き、診療や診断についてご納得いただける説明をして、医療を行なっていくことが必要だと考えております。又、専門外の分野や、より詳しい検査が必要な時には、専門医や専門病院と病診連携しておりますのでご安心いただけます。
 お越しくださる皆様の良きパートナーとして、心と心の触れ合える医院として、これから先もたゆまぬ努力と信頼を積み重ね、一歩一歩地域の皆様と伴に歩んでゆく所存でございます。